お探しのページは見つかりませんでした | 福島民報

年齢層見てるとわかるんですけどね、昭和30年代に次三男を「口減らし」とか言って集団上京させた連中が今、地元で孤立してアップアップしてるんですよ。こんなのは昭和30年代には読めていたこと。その替わり昭和40年代からしばらくは列島改造ブームの主役として現金自分らだけで独り占めしてウハウハだったじゃないですかあんたら。東京の人間が雪崩のようにやってくる田舎者にインフラを徹底的に破壊されていく最中でアンタラのことどれだけ憎々しく思ってたか。今からでも遅くないから集団上京させてたあんたらの次三男、東京からそいつらの家族ごと引きとってくださいよ。それでそいつらに雪かきさせりゃあいい。

いまさら「困った」とか言っても遅いよ。せめて昭和30年代には「俺達の未来を金の卵とか言う甘い言葉で奪おうとするんじゃない!」って言うべきだった。駅前のシャッター商店街にしても全部「集団就職」あそこから始まってんだよ。そんなこと最初から気付けよ。いまさら遅すぎるわ!